日本初!
ノーコードエキスパートに相談できるプラットフォーム

NowHow(ノウハウ)は、各ノーコードツール毎のエキスパートに相談できる国内初のプラットフォームです。
ノーコードの学習・開発で躓いた部分を気軽にその分野のエキスパートに相談することができます。

相談を受けたい方へ

相談したい方へ

相談するメリット

ノーコードに特化している

NowHow(ノウハウ)は、ノーコードに特化した日本初の相談プラットフォームです。
ツール別のノーコードエキスパートに相談できるため、より解決したい悩みを相談することができます。

ノーコードエキスパートに気軽に相談できる

NowHow(ノウハウ)は、登録されているエキスパートに気軽に相談できる環境が整っています。
そのため、ノーコードに関する学習や開発に躓いたとき、解決する可能性が高まります。

エキスパートに登録するメリット

案件の受注につながる

NowHow(ノウハウ)では、ノーコードを用いた開発について相談されるケースが多いです。
そのため、相談された内容が、案件の受注につながる可能性が高いです。

時間を有効活用できる

NowHow(ノウハウ)では、相談ツールとして、すぐに相談を受けられるもの、事前予約制のMTGを設定できるものの2つを用意しています。
そのため、より時間を有効活用して、相談を受け付けることができます。

自分自身のブランディングにつながる

NowHow(ノウハウ)は、日本初のノーコード相談プラットフォームです。そのため、NowHow(ノウハウ)上でノーコードに関する相談を数多くこなすことによって、ノーコードエキスパートとしてより認識されることにつながり、自分自身のブランディングにつながります。

NowHowの利用シーン

シーン①:解決策が不明

ノーコードの開発において、どうしても解決策が見つからない場面があると思います。
NowHow(ノウハウ)は、国内初のノーコードに特化した相談プラットフォームであるため、ノーコードのエキスパートを多く抱えています。
そのため、ノーコードに関する問題を解決できる可能性が高いです。

シーン②:開発の依頼

ノーコードを用いた開発を行いたいが、自社での開発が難しい場合があると思います。
NowHow(ノウハウ)では、各ツールに特化したエキスパートを数多く抱えているため、代わりに開発を行なえる人が豊富です。
そのため、ノーコードを用いた開発を依頼することが可能です。

NowHowの利用シーン

シーン①:日程調整

様々なツールから相談をもらっていて、日程調整が大変だったりしませんか?
NowHow(ノウハウ)に登録すると、自分のリンクを送るだけで、自動で日程調整を行うことができます。
つまり、ワンクリックで日程調整を行うことが可能です。

シーン②:事前ヒアリング

相談を受ける際、事前に内容をヒアリングしておきたい場面があったりしませんか?
NowHow(ノウハウ)では、相談を受けた際事前にヒアリングをフォーム上で行うことができます。
そのため、相談内容に応じてコミュニケーション方法を変えることが可能です。

よくある質問

こちらのサービスは有料でしょうか?

ノーコードエキスパートとのマッチングについては、現在すべて無料でご提供をしております。
一方で、エキスパートへの相談内容によっては、報酬が発生する場合がございます。

どのようなサポートが可能でしょうか?

ノーコードに関する質問なら、基本的にどのような質問をしていただいて構いません。
相談内容によっては、エキスパートより対応不可の判断がされる場合もあること、あらかじめご了承ください。

システム開発を依頼することは可能でしょうか?

可能です。既にどのノーコードツールを用いて開発をするか決まっている場合は、エキスパートに直接ご相談ください。
どのツールを活用するか決まっていない場合は、こちらのフォームにご連絡ください。
弊社にてヒアリングさせていただき、適切なエキスパートへ連携させていただきます。

よくある質問

事前に相談内容を知ることはできますか?

可能です。YouCanBook.Meを用いた相談については、事前に予約をする際、相談内容をフォームに必ず記載してもらうことが可能です。そのため、事前に相談内容を確認することができ、相談内容に一定フィルタリングをかけることも可能です。

相談された全ての内容に回答できるかが不安です。

NowHow(ノウハウ)では、事前に相談内容をフォームに必ず記載してもらって、確認することが可能です。そのため、事前に専門分野が違うなどで回答ができない場合は、相談を受ける前に断ることも可能です。

相談者とのコミュニケーション方法はどのようなものがありますか?

基本的には、メールベースにはなりますが、ご自身で活用されているツール(LINE,Slackなど)があれば、そちらに誘導していただくことが可能です。そのため、ご自身で最も都合のいいコミュニケーションツールでやりとりをすることができます。